イタイイタイ病訴訟弁護団~闘いの軌跡

前回に引き続いてイタイイタイ病(イ病)の話題を。

 

イタイイタイ病資料館では,2016年4月26日から5月5日まで,春の特別企画展

「イタイイタイ病弁護団の軌跡」

を行っています。詳細は→こちら

H28_kikakuten_01

写真中央はイ病訴訟弁護団副団長(イ病弁護団前団長)の近藤忠孝弁護士,右はイ病訴訟弁護団団長の正力喜之助弁護士

 

 メインは,イ病訴訟弁護団(※)の写真展。イ病訴訟の控訴審で完全勝利判決を獲得するまでの訴訟弁護団の写真をパネル展示しています。

※イ病訴訟弁護団:イタイイタイ病訴訟の原告ら代理人となった弁護団。控訴審で完全勝利判決を獲得し,被告三井金属との間で「イ病の賠償に関する誓約書」「土壌汚染問題に関する誓約書」「公害防止協定書」を取り交わした(→その内容はこちら)。その後,イ病訴訟弁護団の一部がこの誓約書・協定書を実現するために弁護団を存続させさらに新人弁護士を加入させて,2013年12月の全面解決調印までの41年間にわたる新たな闘いを続けることになりますが,このような判決後の闘いを遂行した弁護団を,「イ病訴訟弁護団」とは区別して「イ病弁護団」と呼んでいます。

 

 4月29日には,イ病弁護団の現団長朝倉正幸弁護士と,イ病訴訟弁護団の元団員である松波淳一先生(弁護士業はもうやめておられます)との対談があります。

 5月3日には,元NHK富山放送局プロデューサー奥田一重さんの講演「イタイイタイ病と公害報道」があります。

 

 いずれも魅力的な企画で,イ病資料館の意気込みが伝わってきます。

 北陸中日新聞も4月27日に報道していましたね。→ここ(魚拓)

トラックバックURL

コメント & トラックバック

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント





*